​組合員VOICE
​枚方と高槻で焼肉店を3店舗経営されている
肉の匠大野屋本店の大野さんに
商売を長く続ける秘訣と枚方支部の雰囲気について
お聞きしました
大野さんの経歴
中学校をご卒業後、15歳で高槻市内のお寿司屋さんにて修業、
独立し屋台の寿司屋や、スーパー内に8店舗出店し着実に事業拡大を続けられますが、
その後自身でスーパーを開業するも大失敗。
再起をかけ独学で焼き鳥の勉強をされ、34歳で焼き鳥屋を開業、
居酒屋経営を経て、現在の焼肉店経営に至ります。

 
 
 
 Q1  長く商売を続ける秘訣は?
「好きなことをすること」これに尽きます。
アキナイことがアキナイ(飽きないことが商い)(笑)
好きなことなので考え、工夫し、試行錯誤の繰り返しです。
事業への意欲は歳をとっても全く衰えません!
IMG_74951.jpg
 Q2  壁に当たったりしませんか?
商売をしていると良いこと悪いこと色んなことが起きます。
逃げずに、諦めず何かいい方法がないか常に頭を使って考えています。
後で振り返ると全ていい経験だと思えます。
 Q3  今後の飲食組合のあり方をどう考えていますか?
    
連帯感と勢いがあれば更にいい組織になると思います。
特に若い世代に組合の魅力を伝えていきたいです。
そのためには目に見えるメリット、目に見えないメリット両方とも大切です。
また、どうバックアップするかも大切です。
創業して間のないときは思わぬことも多々起こりますし、目の前のことに必死で相談できる
人も少ないと思います。
我々長く商売をしている者は色んな経験をしています。
相談に乗ると言うと堅苦しいですが、飲み会などの懇親の場をうまく活用できればと思います。
IMG_7570.JPG
 Q4  枚方支部はどんな雰囲気ですか?
若い世代も増えてきて、組合行事にも積極的に参加してくれているのが頼もしいです。
雰囲気はすごくいいですよ こんな良い雰囲気は過去見てきた中で一番です!!

hirakata-eeyan.com

© 2017 Copyright (C)  枚方市飲食業生衛組合連合会 All Rights Reserved.