​組合員VOICE
​2019.6月に枚方飲食組合に加入された
パティスリー ルクールの入江さんに
​加入された理由をお聞きしました。
 Q1  どのようなきっかけで飲食組合を知りましたか?
健康保険のことで修業していたケーキ屋さんに相談したところ、飲食組合に加入すれば独自の健康保険制度があると聞きました。
保険料は申告所得額に関係なしに定額制とのことで、加入を決めました。
 Q2  何なぜ牧野で商売を始められたのですか?
牧野で生まれ、育ち、牧野の地に強い思い入れがあります。
地域に恩返しをしたいというのが商売の根幹で、今でも変わりません。
なので、自分が作った商品を、自分の目の届く範囲でしか売らない、そう決めています。
 Q3  2015.4に32歳で独立開業されて現在5年目 店舗運営はイメージ通りですか? 
地域やお客様に支えていただきながら、いい感じに続けてこれました。
仕事が大好きで、仕事が苦ではないですしそれが一番です。
この業界は好きでなかったらできないと思います。
好きなので、よりお客様に喜んでいただけるよう、研究も重ねています。
現在、HP・チラシでの宣伝は一切していません。
それは純粋にご来店いただいたお客様からの口コミだけで広がればいいと考えているから
です。商売を永く続けるにはそれが一番と信じています。
毎年、お店の誕生日である4月27日に周年記念祭りを行います。
「今までありがとうございます」という気持ちを込めてお店の誕生日をお客様とお祝いした
いので、ホールケーキをオール1,000円で販売しています。
ありがたいことに毎年、何の告知をしなくても、常連さんは覚えていただいていて、
開店前から行列が出来て、お昼には完売します。
 Q4  お困りのことは?
業界として人手不足、職人不足と言われていますが、
うちの場合はありがたいことに、パートさんが長く続けてくれているので助かっています。
 Q5  気分転換はどのようにされていますか?   
空き時間に走ったり、ロードバイクに乗ったりし、気分転換をしています。
体を動かし、自然を五感で感じることで頭の中がクリアになり、そこで新商品をひらめくこと
も多いです。
仕事中は目の前のことに追われているので、気分転換の時間も大切にしています。
牧野を愛する想い、ケーキを通じお客様に喜んでいただきたい!という想いが、
入江さんの身体全体から伝わってきました。
ありがとうございました。

2019.10.8 大八木、下村、鈴木

hirakata-eeyan.com

© 2017 Copyright (C)  枚方市飲食業生衛組合連合会 All Rights Reserved.